救急…


今テレビドラマで話題となった消防士に義理の弟がなりました。
ドラマにあるようなそんな訓練をしているそうですよ(笑)
TAKA86

以下引用転載
レスキュー隊員による命がけの救出劇を描く連続ドラマ『RESCUE~特別高度救助隊』が、TBS系により来年1月から放送されることが明らかになった(毎週(土)後7・56~ スタート日未定)。人気アイドルグループ・KAT-TUNの中丸雄一(主人公の救助隊候補生・北島大地役)がドラマ初主演となる。NEWSの増田貴久(救助隊候補生・手塚豊役)も共演。
 ドラマは、実在する横浜市の特別高度救助隊の全面協力を得る。自らの命を危険にさらしながら災害と事故において救助活動を行うレスキュー隊員。その日々の訓練の様子や、災害時の救出劇の模様を、ダイナミックに描く。
 他の出演者に、山本裕典(救助隊候補生・不動雅志役)、石橋凌(司令本部・芹沢忍役)、要潤(救助隊・葛城康介役)、石黒賢(救助隊・徳永克己役)ほか。プロデューサーは加藤章一。脚本は山浦雅大、八津弘幸。演出は倉貫健二郎ほか。
 主人公の北島は、子供のときにレスキュー隊に助けられた影響により、消防官となる。しかし過去のトラウマを抱え、高度救助隊の隊員をめざしながらも消防官の仕事すらなかなか慣れないでいる。だが北島の秘められた才能に気づいた隊長が、北島を高度救助隊の研修生に指名する。若いゆえの葛藤を抱えながらも、手塚ら仲間に支えられ、レスキュー隊として、人間として成長していく。
 今月3日、横浜市安全管理局横浜市防災センターを訪れた中丸と増田は、高度救助隊の訓練を見学し、体験もした。中丸は、「実際に訓練を見て、とにかくびっくりしました。テレビで何度か見たことはあったんですが、生で見ると全然迫力がちがいます。僕には人間の限界を超えている動きをしているように見えました。高いところは得意ではないので、今日の体験でも恐怖心がかなりあったのですが、徐々に慣れていきたいと思います」と感想を。「まずは筋力をつけないといけないですね。隊員の方たちは腹筋を毎回500回はやっているというので、目標腹筋500回をめざしてがんばります。ドラマ初主演ですし、気合いを入れて、クランクインまでにみなさんから盗めるところは盗んで、つけられる筋肉はつけたいです」と意気込む。
 増田は、「訓練を見て、すごい、の一言です。登坂訓練の体験をしてみて、やる前はちょっとくらいロープを登れるかなと思ってたんですけど、全然無理でした。これから体を鍛えて、訓練を積んで、しっかりとできるところまで自分を持っていきたいと思います。中丸くんとは普段から仲がいいんですが、一緒に仕事をすることはなかったので、楽しみです。なんでも話せるので、アドバイスをもらったり、助け合って、お互いプラスにしたいと思います」と語った。

Renature

Have Fun in your life !

0コメント

  • 1000 / 1000