木の間に走る


ふんっ
と踏ん張って木と木に駆け上る
小さい時よく木で遊んでいた
なぜだか登りたくなるんだな
なんだろうそれは
登っている間はただ木だけを見ていて、登りきった時にふっと前を見ると
突然世界が変わっている
その感じ
少し高いだけなのに地面とは少し違う風が吹いている
なんだろう。壮快で快感だ
少しだけ高いところに居るだけなのに
少しだけで なんだかとっても楽しい
うん。だから木登りが好きだったんだな
今でもたまに登りたい
年頃です

0コメント

  • 1000 / 1000